ツンデレ喫茶

最近のメイド喫茶事情はさっぱり分からないけど、執事喫茶が出来たとか栃木にもメイド喫茶が出来たとかいう情報をサークルで聞くもんだから、時代が変わったなとしみじみ思います。

正直言ってツンデレの黄金比みたいな意味不明な式があるみたいですが、初っ端萌え度の定義をツンがデレを上回る値の累乗なんてバカみたいにするから変な結果が出るわけで。理不尽だけどここではツン:デレ=7.4:2.6を使うことにする。

というのは、秋葉原にある妹系カフェのNAGOMIのイベントでツンデレイベント(?)みたいのが行われていたみたいです。当然ツンデレに精通してるオタクの人々が押しかけたのは容易に想像出来るのですが、はたして彼らを満足するツンデレを提供できたのかは謎です。

少し話を戻して、ツンデレの比といってもその定義も曖昧すぎだ。ツンデレは恐らく会ってしばらくはツンツンしてるけどしばらくして付き合うとデレデレする、というのが一般的な気がする。そうなるとそのツンとデレの比というのはその子に会ってから別れるまでのツンとデレの割合にすればいいのか、潜在的にその人間にあるツンとデレの割合かとすればいいのか。前者の時間におけるツンとデレの割合で考えると、例えば10年後もずっとデレであった場合はツン<<デレとなってしまい割合云々の問題ではなくなる。しかし後者の潜在的に潜むツンデレになると出会ってもデレデレがあって付き合ってもツンツンがあることになる。互いに矛盾していることになるが話が進まないのでここでは前者の出会ってからの時間に対するツンとデレの割合と仮定して話を進めたいと思います。

とりあえず今までの仮定として、「ツン:デレ=7.4:2.6」というのが一つと「ツンとデレの割合は、出会ってから別れるまでのツンとデレの割合を表したもの」とで二つ。ツンデレイベントの時間はきっかり一時間であるため、44分24秒はツンの時間であり、15分36秒はデレの時間にする必要が出てくるわけである。いろいろなイベントがあっただろうが、この際無視してとりあえずただの喫茶店な感じをイメージすると、店員と話す時間は恐らく5分程度である。その5分の中でツンとデレを定義式に従い7.4:2.6にするのは相当のテクニックが必要である。

そういえばツンデレにもいろいろなタイプがいるが、ツンとデレの時間だけで考えると、「前半がツンだけ、後半は完全にデレだけ」という場合と「前半も後半もツンとデレは存在するが、明らかに前半はツンの方が多いし後半はデレがメインである」というパターン。いわゆるデレかけ、ンデの微妙な期間のみツンとデレが混じる場合は前者の完全に分離パターンに入れることにします。これは完全にゲストの好みの問題になるが、あらかじめ入店前にどちらが好みかを聞いてから応対すればスタッフ側としてもやりやすいはずである。

もちろん時間という観点だけで考えるとそうなるが、一般的にツンデレのシナリオではデレに切り替わる際なんらかのイベントが生じるはずである。その大半が秘密がバレだり、大きなトラブルが生じるかであるが、そこまで一時間という限られた時間内でイベントを起こすのは難しいであろう。他にもツンデレにおける特徴を述べたらきりが無いのでやめるが、どちらにせよツンデレ喫茶を期待して行く客はある程度の妥協は必要かもしれない。完全に二次元の世界でツンデレに浸ってる人がツンデレ喫茶に入ってイメージと違っていてもそれが現代における二次元→三次元のシミュレーションの限界であることであることを自覚する必要がある。

ツンデレに関してはリアルの世界で二次元を超えられないことははっきりしている、ということを思い知らされる結果でもある。そういう意味では理想的なツンデレを想像してそれを文章やイラストで起こしているデザイナーの方々には感謝せざるをえないであろう。
[PR]
# by caffeinism | 2006-03-23 11:14

近況

大学も春休みなので実家に帰ってのほほんと過ごしてます。あとは毎日のように車走らせてドライブしてます、たまに助手席に人が乗ることも(男だけど)。

やっぱ横浜の運転はナウい。確かに駅前(青木橋付近)は混むけど、ちと離れれば相当爽快に走れる。特に国道一号の鶴見川の橋なんか三車線になって、一番右の車線誰も走らないからアクセル全開にして「オレかっこいいだろ!?」みたいな感じで飛ばしてます。…で気付くと右折専用車線になってて焦ると。

が、やはり助手席に女の子が乗ってないのは寂しいものがあります。女の子が乗ってりゃいろいろと楽しいことが出来るのにね。



「へー。ここから横浜の夜景が見えるんだー」
「いい場所でしょ、オレのお気に入りの場所なんだ」
「こんな綺麗な場所につれてきてありがとう、私も会長さんに秘密の場所見せてア・ゲ・ル」
「フォ、フォー!!」

[PR]
# by caffeinism | 2006-03-17 11:18

MT車の利点

家の車って古いMT車なんでカセットしか聴けないんですね。FMトランスミッター内蔵のウォークマン試したけどラジオの受信も感度悪くてダメ、となると車の中で音楽聴こうとするとやはりカセットに録音してそれを流すってことしか出来ないんです。だから女の子横に乗せて走る時に「ちょっと会長、なんで音楽聴けないのよ、嫌い!」なんてことになりかねないので常にカセットに音楽を入れておくのは必須なわけです。…といってもCDと違って選曲に時間かかるしカセットに録音するのにはちと時間掛かる、となるとむしろドライブ前には女の子にカセットテープ渡して「君の好きな曲入れてきてよ、一緒に聴けたら嬉しいな」とか言ってその子の好きな曲聴きながら行くってのがベストだと思うんですよ。



「ごめん…待った」
「ううん、全然待ってないよ。…はい、今日はこれ聴こうよ」
「今日はどんな曲入れてきたの?」
「…ちょっと聴いてみてくれる…かな?」
「え?う、うん…(カチ)」
『会長さん、ずっと前から…好きでした。ずっと側にいて欲しいです』
「ごめんね、こうやって気持ち伝えるのなんて、…反則だよね」
「…オレこそごめん、こんな鈍感な男で」
「ううん、私が素直になれなかったから…ホントにごめんなさい、迷惑だった?」
「そんなこと無いよ…オレだってお前のことずっと好きだったから…さ」




とかまで想像しちゃうとこれが妄想に繋がるわけであって。その辺のバランスですよね、「なに想像してるの!」とかは悪い意味で使われるし、妄想ったって定義されてるわけでもないし。日本語って難しい('A`)
[PR]
# by caffeinism | 2006-03-09 23:35