音楽が好きです、聴くのも弾くのも創るのも


by caffeinism

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 日常生活でも好みの女の子の話とかするんですけど、妙に矛盾点を感じることが多々。

 …というのも、「電車の中で本読んでるようなおとなしい子がいいな」(世界の中心で愛を叫ぶより引用)って台詞に共感出来るような自分なのに対し長髪な茶髪でちゃらちゃらしてるしいかにも夜中遊んでそうなオーラ出てるみたいなんです。そうなると真っ黒に焼けてブランドのバック持った怖そうなギャルとかの方がウケいいかもとかになっちゃうわけです、言いたいのはこの矛盾。ある程度抑えようと眼鏡かけたりしてるんですけど全く効果無し、これではダメだ。

 かといって短髪で黒く戻して真面目に勉強したからといって「電車の中で本読んでるようなおとなしい子」が寄ってくるとは限らない。茶髪でチャラチャラしてる男が「電車の中で本読んでるようなおとなしい子」と付き合ってるなんてのは別に違和感がないといえばない、特に音ゲーの世界では全く持って普通である。となると一体どうしたら「電車の中で本読んでるようなおとなしい子」をゲットすることが可能なのか。…まずはこのエロい性格直すところから始めたほうが良さそうです
[PR]
by caffeinism | 2005-11-27 01:59

妄想文

下校中

ツン「初めはさ、あんたちょっとかっこいい男だなって思ってたんだ」
オレ「…今更どうしたのさ?」
ツン「けど時間経つに連れて変わってった。趣味がポケモンとか聞いたときは焦ったよ」
オレ「意外と今更やっても楽しいぜアレ?」
ツン「そうじゃなくて、とりあえず私の中ではあんたは相当不思議キャラになったから」
オレ「難しいこと言うよな、つまりどういうことなんだよ?」
ツン「さぁね、私もよく分からないんだ」
[PR]
by caffeinism | 2005-11-24 22:36

気分

突然何かしたいって思うことがあるけど、やっぱしそれなりの原因があるはずです。特に自分は本読む機会が多いんで読み終わった後なにかやりてぇ!とか。

……というものの、結局のところ音楽やるきっかけになるんですよ、本は。いちご同盟やら四日間の奇蹟を読むと唐突にピアノが弾きたくなる(特に文中に出てきた作品や作曲家の)んです。もちラヴェルやらショパンやらのいわゆるピアノが弾ける人でないと弾けない曲ばかりなんですが、それを意地張って練習するのもまた醍醐味。

つまり何か物事を始めるにはそれなりの要因が必要だと思うんです。生きてる中にそういうのが腐るほどあると思うんですけど、ただひきこもってるだけじゃそういうきっかけも作れないですよね。本を読むなり街中歩くなり、人と話したりしてそういうチャンスを得るのも何かを始めるスタートになるはずだなと思いました(エロ本片手に)
[PR]
by caffeinism | 2005-11-13 00:09

好みのタイプ

GTOでいったら村井の母ちゃんか朋子

どうみても二次元です

本当にありがとうございました
[PR]
by caffeinism | 2005-11-09 21:14